新型コロナウイルス感染症拡大防止に係るスポーツ施設等での大会・イベント利用について

大会(練習試合を含む)イベント利用の取り扱い

令和2年6月20日(土)以降のスポーツ施設等での大会・イベントは、下表のとおり取扱います。

対象期間 参加対象 利用可能人数 観覧
6月20日(土)から
7月9日(木)まで
市民または
市内団体
「【一覧表】スポーツ施設等の利用制限人数」のとおり 観覧可能
※総合体育館競技場を除き、制限人数には観覧者(保護者等)の人数も含まれる。
7月10日(金)以降 県民または
県内団体

※参加対象を県外者または県外団体まで拡大する時期は、未定です。(決まり次第更新します)

※上記期間中においても、県内の感染状況等により変更する場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※大会・イベントの申込は、6月20 日(土)から受け付けます。

利用制限人数の考え方

「制限人数」とは、大会・イベント開催時間帯の中で、人の入れ替わりを含めた人数ですか?

「制限人数」とは、同一会場の同一時間帯を利用する「最大人数」のことです。そのため、人の入れ替わりがある場合は、大会参加者の合計が、施設の制限人数を超えることも考えられます。ただし、人の入れ替わる時間帯は、3つの密を避けるよう特に注意してください。

例:制限員数が100人の施設において、異なる参加者を、午前中に80人・午後に100人と分けた場合、同一会場の同一時間が、制限人数の100人を超えていないため、実施できることになります。

同一の大会やイベントで複数の会場を使用する場合は、制限人数を超えないよう会場を分けて実施することは可能ですか?

関係者の移動等により、各室・場の上限を超えないよう注意していただければ、実施可能です。

市内団体に市外者も含まれているのですが、大会に参加させてはいけないのでしょうか?

市内団体(市内に拠点をおく団体)であれば、市外者の参加も認めます。大会・イベントの開催時間中に、同じ施設(敷地)の中で他の大会・イベントが開催される場合は、市または施設管理者が、日時や場所の変更等の利用調整を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。

大会・イベントの開催時間中に、同じ施設(敷地)の中で他の大会・イベントが開催される場合は、市または施設管理者が、日時や場所の変更との利用調整を行う場合がありますので、あらかじめご了承ください。

大会・イベント実施時の留意事項(主催者向け)

大会・イベントの主催者は、「大会・イベント実施時の留意事項(主催者向け)」のチェックリストに沿った形で大会・イベントを実施してください。

誓約書及び利用者名簿の提出

感染が発生した場合の追跡調査に要するため、大会・イベント主催者は、誓約書及び利用日ごとの利用者名簿(名簿の様式は任意のもので構いません)を、大会開催日当日までに、利用施設の窓口へ提出してください。

大野城市スポーツ施設等の利用に係る誓約書

なお、任意様式の場合は、以下の内容を記載したものとしてください。

※氏名、年齢、住所、日中連絡のつきやすい電話番号