You are here
Home > 協会案内

協会概要

会長挨拶

大野城市体育協会は、昭和45年4月に発足し、平成8年11月に財団法人化、現在は加盟団体165、会員数4,100名を超える組織になりました。これも加盟団体をはじめ、行政、市民、賛助会員の皆さま、関係者の皆さまのご支援とご協力の賜であると深く感謝申し上げます。

このたび、財団法人 大野城市体育協会は国の公益法人制度改革に伴い、新たに公益財団法人として移行認定されました。

今後も、「SPORTS FOR ALL(市民皆スポーツ)」を合言葉に、競技スポーツではなく、軽スポーツレクリエーションの普及と生涯スポーツの振興を図り、市民の皆さまの健康維持・増進と地域の仲間づくりに寄与できるように、より一層努力してまいりますので、今後とも更なるご指導とご支援を賜りますようお願い申し上げます。

会長 関 明廣

シンボルマーク

公益財団法人化を新たな第一歩として、「公益財団法人 大野城市体育協会」は、市民皆スポーツ運動をテーマにシンボルマークを設定しました。

解説

  1. 4つの円は、中央・南・北・東地区のコミュニティを表しています。
  2. 3本の矢は、青少年スポーツ・コミュニティ(地域)スポーツ・競技スポーツを表しています。
  3. 全体的には、4つの円(コミュニティ)と3本の矢(3つのスポーツテーマ)を一つに連結させることにより、市民皆スポーツ運動(SPORTS FOR ALL)を力強く推進しようとの願いが込められています。

ダウンロードファイル

リンク

Top